甲野です。

 

ブログを開設してアクセスがないほど辛いことはありません。

 

時間をかけて書いてきた記事が全て無駄だったかのような虚無感に襲われてしまいますし、
書いた事全てが否定されているかのような虚しい気持ちにさえ陥ることもあります。

 

私はネットビジネスに参入後、
趣味ではなくビジネスとして何度かブログの構築をいたしました。

 

それでは私が思うブログのアクセス数の伸び悩みについてお話しします。

 

無料ブログかワードプレスか?

未だに無料ブログで開設するのかワードプレスで開設するのか、
という悩みがあると思いますが自分がどのレベルにいるのか?でそれは判断すれば良いと思っています。

 

無料ブログ、ワードプレスどちらでも良いのです。どちらも使い方と運営スタイル次第です。

 

商用利用できない無料ブログサービスで
アフィリエイトなどの活動目的に利用はすべきではありませんし、
それこそアカウント削除の危険性が伴っていると言えます。

 

よく無料ブログはリスクが高い、アカウント削除だといった声も見受けられますが、
何に使うのかによってその有効性や活用方法というものを見極めてはどうでしょうか?

 

無料ブログはすぐにアカウントが自分の意思とは無関係に削除されてしまうので
ただそれだけの理由で無料ブログを否定している方もいますがそうではありません。

 

アダルト禁止、商用利用禁止、スパムのようなアカウント量産禁止など
各ブログサービスによってその規約が違います。一概に危険ということもありませんし、
ワードプレスもサーバーあってのものなのですから
サーバー会社が倒れたらそれも危険だということになってしまいます。

 

基本的にバックアップを定期的にとっていれば無料ブログも使い方次第だということです。

逆にバックアップを取れないようなサービスは避けるべきだと思います。

 

私はFC2やライブドアといった無料ブログサービスでも
アフィリエイト活動をしていますが全く問題なく活用できています。

 

キャッシュが早いのは無料ブログ

無料ブログは多くのユーザーが使用しているため度々Googleが訪れ記事を早く見つけてくれます。

 

これは無料ブログサービスの特権ですね。

ですので無料ブログサービスは開設して間もないブログも検索エンジンに早く引っかかる可能性があるのです。

 

一方ワードプレスは独自ドメインとなっているのでユーザーはあなた一人です。

そのためGoogleが記事を見つけてくれるまで時間がかかります。

 

まだ記事をそれほど投稿していない新しいたった一人が使っている独自ドメインより
数万人が使っている無料ブログに定期的にGoogleは訪問して記事を見つけるのですね。

 

ワードプレスは開設当初には殆どアクセスが無いというのは理解した上で使う必要があるということです。

 

ここをしっかりと理解しておかなければまだアクセスが伸びる手前の段階で
伸び悩みだと思い込んでしまうという危険性も持ち合わせています。

 

これはブログのアクセス数が伸び悩んでいると勘違いしているパターンになります。

 

1ヶ月程度はしっかりと毎日記事を更新するつもりでやる必要があります。

 

10記事程度記事を投稿して、
アクセスが伸び悩んでいるなんていうのは殆ど何もやっていないのと変わりありません。

 

テーマに沿ったコンテンツ内容をキーワードもしっかりと選定して更新することが重要です。

 

役に立つ記事だけでは厳しい

ウィキサイトになっている事で伸び悩むケースです。

ただ単に事実を坦々を書いているサイトでアクセスに伸び悩んでいるケースですね。

 

ニュース記事を少しリライトして書いてみたり、芸能記事を少しリライト。

ハッキリ言って全く面白みがありませんしそれならヤフーニュースを見てほうが良いとさえ思ってしまいます。

 

確かに事実を知るという意味では役に立つかもしれませんが、
ブックマークしてまで過去記事を読んでみたいとかしようとは思いません。

 

他にも似たようなサイトはいくらでもゴロゴロとあるから。

 

そのサイトに再度アクセスする理由というのが無いのです。

 

役に立つというのは当たり前の大前提であって
ブログ価値を高めるという事とはまた別物であるということだと思っています。

 

共感される想いが記事にあるのか?

これにプラスしてあなただけの視点である個性や世界観を出さなければ
他と同じ今だけ役に立ったサイトとしてブックマークされることなく
その他大勢のサイト群に埋もれてしまう可能性が高いのです。

 

・あなたが誰なのか?
・何を想いブログを運営しているのか?

つまりはオリジナリティーによって
共感を得られなければ前述したウィキサイトと同じになってしまいます。

 

お役立ち記事は必要ですがそれは誰にでも書く事ができますよね?

 

私でも参考となるサイトがあれば
知識のない料理記事でもダイエット記事でもそれなりに仕上げることは可能です。

 

要点のみを抜き出して事実を書けば良いのですから。

 

〇〇料理の作り方
砂糖:大さじ〇杯 塩:大さじ〇杯・・・

ちょっとしたコメントなど・・・

 

確かに読めば〇〇料理を作ろうとする方には非常に役に立ちますし
私やあなたも事実のみを淡々と書き記事を作成することができます。

あとは少し文章をリライトして完成というところでしょう。

 

勝負すべきでない場所で勝負してませんか?

ここでひとつ考えて欲しいのです。

 

こういうお役立ちサイトは既に多く存在して
今からこのようなお役立ちサイトを立ち上げても
事実上太刀打ちすることが難しいというのが現状ではないでしょうか?

 

既にこのようなお役立ち記事を書いているブログはそれなりにSEOにも強いです。

 

前述した〇〇料理の作り方などは
クックパッドのサイトを見れば十分にその情報は得ることができます。

 

このぐらい有名どころとなればお役立ち記事だけでもかなりのアクセスが集め
広告を掲載しておけばキャッシュポイントにもなるはずです。

 

実際に広告も貼っているようです。
クックパッド 広告

 

この時点でお役立ち記事や事実だけを淡々と述べた記事だけでは
到底上位表示されることもありませんし太刀打ちできないというのがお分かりいただけると思います。

 

だからこそ、
お役立ち記事+あなたが誰なのか何を想い記事を書いているのかということが求められるという事です。

 

どんな境遇で記事へ想いを書いているのか?

同じようなレシピを掲載するにしても
・子供の食生活を真剣に考え健やかな成長を願っているママさんが運営しているブログ?
・新婚生活を迎えた料理下手な主婦が必死に料理をマスターしようと書いているブログ?
・シングルマザーが仕事から帰って子供のために体にムチ打ちながら必死で作っている料理?

 

上記は同じような料理レシピを掲載するかもしれません。しかしそれぞれの想いは違いますよね??
これが結果的に共感され、また読んでみたいと思われる理由です。

 

更に同じような境遇にいる方からすれば気持ちが通じる部分が必ずあるのです。

 

そんな人が書いた記事はまた読みたいと思って当然ですよね。

 

少なくてもただ淡々と事実を述べたものよりは過去記事も未来記事も読んで見たいと思うでしょう。

これがリピートアクセスにつながるのです。

 

ブログ記事に検索キーワードから入ってくる新規ユーザーに加え定期的に読んでいただけるリピーター。

ここまでくればブログのアクセスに伸び悩むことはありません。

 

新規ユーザーが定期的にアクセスしてくれるのはもとより
リピーターが増えるということはアクセスのプラスアルファとして非常に重要なのです。

 

ブログアクセス数を伸ばすにはリピートユーザーも影響する

1日10人のユーザーが新規で訪問してくれるとしてリピートしてくれなかった場合は単純に
10人×7日で70アクセスとなります。

しかし1日10人のうち2人でもまた読んでみたいとリピートしれくれたなら
10人×7日で70アクセス +2人×7日で14アクセス増加という事です。

 

1日10アクセスでもこれだけのアクセスの違いがあるのですから
1日数千アクセスとかになればその違いは馬鹿にはできないと思うのです。

 

これがリピートの重要性です。

 

私が運営しているブログでも25%程度はリピートのアクセスから成り立っています。
甲野アクセス解析2

 

アクセス数が増えれば増えるほどそのリピートアクセス数も大きく意味を持ってきます。

この25%がリピートアクセスなのですから馬鹿にはできません。
甲野アクセス解析3

 

色々な手法があると思いますが私の場合は
何を想って記事を書いているのかということを最大限に記事の中に散りばめた上で投稿している結果ですし
事実それがアクセスに繋がり結果的に収益に結びついているという傾向があります。

 

アクセスが無いのならキーワードに盛り込むもの

それでもアクセスが伸びない、
もしくは全くないという場合にはひとつ試していただきたい方法があります。

 

それはトレンドキーワードで記事タイトルを書いてみるという方法です。

 

トレンドキーワードとは世間一般で流行っている旬のキーワードのことです。

知っている人が多いと思いますが使いこなせている人は少ないです。

 

これはただ単に芸能ネタとか時事ネタとか単純なことを行っているのではありません。

 

あなたが取り組んでいる分野での旬な話題です。

 

闇雲に旬な話題というだけなら
ヤフーニュースでもみればゴロゴロ転がっていますがそうではないのです。

 

それでは稼げないトレンドアフィリエイターのごちゃまぜブログになってしまいますし
コンテンツに沿って記事を書かなければユーザーからは全く無関係な記事を書いてということになり
今まで作っていたサイトイメージそのものが壊れてしまう可能性もあります。

 

必ず自分が書いているコンテンツに沿った時事ネタというものを
さりげなく書くことで新しいアクセスを集めることができます。

 

トレンドキーワード自体が今までになかった
新しいキーワードなので上位表示させることはそれほど難しくありません。

 

先日ラグビーの五郎丸選手が脚光を浴びることとなりましたが
それまでラグビー界の五郎丸選手の存在を知っていた人がどれだけいたでしょうか?

 

ということは【ラグビー 五郎丸】というキーワードは今までは存在しなかったキーワードということです。

 

トレンドキーワード

ラグビーの五郎丸選手、今では日本中知らない人がいないというぐらいの知名度となりましたが
キーワードが新しく生まれた時にいち早く記事を書く事により
ライバルの数は圧倒的に少ない状況だということです。

 

そのような理由である程度簡単に上位表示できてしまいます。

 

あなたが書いているコンテンツに新しいキーワードはありませんか?

 

商品、セミナー、テレビ、ラジオ、雑誌、新しいキーワードを収集していますか?

 

私はよくわかりませんが女性のファッションでスカーチョとういうのがあるみたいですね。

 

女性が運営しているブログではネタとして取り入れたらアクセスがあったかもしれません。

新しい言葉です。これがトレンドキーワードです。

 

今年の夏までは甲子園を沸かせたオコエ瑠偉というキーワードはありませんでしたね。

 

スポーツ関係のブログならキーワードにして書く事ができたのではないでしょうか?

 

見渡せば新しいキーワードなど日々出てきているのです。

 

新しい言葉、キーワードはリサーチすれば見つけることができますから
アクセスが伸び悩んでいるということなら取り入れてみると変化があるかもしれません。

 

自分の知っている知識や経験のみで書こうとすれば限界が見えてきますし行き詰まってきます。

 

キーワードにしてもコンテンツ作成にして
もリサーチして新しくインプットして吐き出す事で自分の知識や経験外のことでも記事にすることは可能です。

非常にリサーチは重要です。

 

小手先のテクニックなどもありますが最終的にはコンテンツの内容ありきの話になってきます。

中身のないスカスカな記事を書いていても小手先のテクニックは最終的に役には立ちません。

 

そういう意味ではこちらの手法は面白いのではないでしょうか?
ファンシフトアフィリエイトのレビュー記事

 

ブログのアクセス数の伸び悩みの原因、というテーマで書いてみました。

 

質問やお問い合わせ、ご意見は遠慮なくご連絡ください。
ネットビジネスに関する迷いや不安、今後の展開、についてのご相談、このブログのご意見ご要望、感想など、お気軽にご連絡ください。

連絡フォーム

絶対的な地位の軸教材

ファンシフトアフィリエイト

感謝される非常識アフィリ戦略

企画・講座一覧

≫メールマガジンのご案内