甲野です。

 

ブログを新規開設して記事を書いたら、
1記事だけでもせっかく書いたのだから誰かに読んでもらいたいという気持ちになると思います。

ですがこの
すぐにでも読んでもらいたいという感情が媒体の育ちを遅くしている可能性があります。

 

新規ブログ開設・早く誰かに読んでもらいたい

今日は新しくブログを開設して記事を投稿したから誰かに読んでもらいたい。

こんな気持ちになったことはありますか?

 

そしてすぐにでもアクセスを集めるために思いつくのがブログランキングに登録したり
コメント周りをしたりとせっせと誰かに読んでもらうための行動に
記事を書くぐらいの時間を費やしているという人も珍しくないようです。

・コメント周り
コメント周りというのは知っていると思いますが念のために説明しておきますと、
誰かのブログ記事にコメントを残すことです。

 

公開非公開などの設定もありますが
ほとんどのブログにその機能はついているかと思います。

 

そこへ記事の感想などのコメントを残し
自身のブログに訪問してもらうというのがおおよそのコメント周りの目的となります。

 

コメントをいただいた側のブログ運営者もコメントをいただけば
お返しにコメントを残した側のブログへコメントを返すのが一般的な風潮にあるため
アフィリエイトを教える塾などでも、

初期段階からコメント周りを推奨しているところもあるみたいです。

 

私は幾つかブログを運営していますが
その中でもやめておいたほうが良いと思えるアクセス集めのためのコメント周りについてお話します。

 

新規ブログからのコメント周りの効果

私もほとんどの場合コメントをいただくとそのコメント主のブログを見に行ったりするのですが、
何故この状態でアクセスを集めようとしているのかが理解できないといったブログも中にはあると感じます。

 

念のため言っておきますが
ブログ開設間もなくアクセス集めでのコメント周りということを想定した場合になります。

 

ブログ開設当初は開設当初というぐらいですので
そのブログの内容自体がまだそれほど充実しているものではありません。

 

2~3記事投稿した状態で仮にアクセスしたとしても
”なんの魅力も感じない媒体、記事数もコンテンツも少なく面白くない”

そう感じてしまうのが普通の感覚なのです。

 

これが知名度のある有名人なら今後読んでみようとブックマークもされたり
興味も持たれるというものですが全く知名度のない人が運営する
記事ボリュームの少ない媒体であれば、
私でなくてもすぐに×印を押して閉じてしまいます。

 

つまり、
ブログの内容が充実していない期間は逆に
アクセスが無い方が良いぐらいの考え方であるべきという事
です。

 

ブログコンテンツが充実してくれば勝手にアクセスは入ってくるので
初期段階でコメント周りなどをして時間を消費するよりも
その時間を記事投稿にあて1記事でも投稿したほうが結果的にブログは育つ、

ということにつながってきます。

 

ほとんどの人はビジネス目的、
つまり何らかの収益に最終的には結びつけようとブログを運営していると思います。

 

着地点の設定がなければ目的は達成できない

趣味でやっているという人はそれはそれで良いと思いますが
最終的に収益を上げていくためにブログ運営しているのであれば
着地点を作成してからのほうが結果にもつながってきます。

 

着地点とはメルマガ登録がそうなのか、
何らかの教材やサービスを購入していただくことなのかは運営内容によります
少なくともそれらが全く整備されていないところに人を放り込んでみたところで
何一つ目的は達成されないんですね。

 

何のキャッシュポイントも設置していないような場所へアクセスを集めても
『書いたから読まれたい』という単なる自己満足の世界なのです。

 

数記事そこにあるだけ。着地点は何も無い。
こういったタイミングで読ませるために
貴重な時間を記事投稿以外に使っているというのは非効率としか言いようが無いという事です。

 

アクセスがあることが目的というわけではなく
アクセスを集めたその先の目的は一体何なのか?という事です。

 

ただ単にアクセスを集めたいというのならそれは単なる趣味以外の何者でもないですからね。

 

だからこそ『せっかく書いたのだから読まれたい』ということは自己満足でしかないのです。

 

コメント周りをするにでも、20~30記事が入っている。着地点が何か一つでもある。

 

こういった状況であれば多少は意味もあるかもしれませんが
ブログ開設直後などはできるだけブログ記事投稿、
コンテンツの充実、それに伴った着地点の設定。

 

まずは使える時間は上記の作成に当ててみてください。

 

着地点というのは何も報酬だけではありません。

メルマガ登録が今の着地点だということであれば
アクセスを集めるためにコメント周りもいいでしょう。

 

コメント周りは一過性のアクセスで終わる場合も

ただ、コメント周りでアクセスを集めることはできますが
コメント周りをやめたらアクセスが一気に減るという現象も起きます

 

そのためできるだけそういった
一過性の労力のかかるアクセス集めに頼るよりも、
しっかりと検索エンジン経由でのアクセスを集めることに必死になったほうが良い、

と言えます。

 

着地点ができれば一過性の労力のかかるアクセス集めとは
対象的にいくらかのお金を使ってでも労力なしで露出する方が賢いやり方だと思っています。

 

広告などですね。

 

アクセスを集めるための記事作成やコンテンツ作成は
大いに時間を消費したほうが良い
と思いますが、
アクセスを集める行為そのものに労力や時間を消費するのは私は推奨しません。

 

ブログを開設して記事を投稿したらすぐにでも
誰かに読んでもらいたいと思うかもしれませんが、内容が少ない期間は
訪問者がガッカリすることのほうが圧倒的に多いので使える時間を全て
コンテンツの充実という時間にあてるほうが賢い選択だと言えます。

 

それでは、
ブログ新規開設後すぐにアクセスを集めないほうが良い理由というテーマでした。

 

もしネットビジネスで何か不明なことは迷ったりしていることなどあればいつでもご相談してください。
・こんな教材はどうなの?
・今何をしたら良いのかわからない
・思ったような成果が出ない
・軸教材は何が良いのかわからない
・とにかく聞いて欲しいことがある

質問やお問い合わせ、ご意見は遠慮なくご連絡ください。
ネットビジネスに関する迷いや不安、今後の展開、についてのご相談、このブログのご意見ご要望、感想など、お気軽にご連絡ください。

連絡フォーム

絶対的な地位の軸教材

ファンシフトアフィリエイト

感謝される非常識アフィリ戦略

企画・講座一覧

≫メールマガジンのご案内