甲野です。

 

アフィリエイトで稼ぐには何記事を投稿して
幾つのサイトを持てば良いでしょうか?

このような質問を受けることがあります。

 

要するに、どのぐらいの作業でいくら稼げるのかイメージが持てない
といったところですが正直、この質問には返答に困ってしまうのです。

 

ハッキリ言うと、この答えは
「人によっても全く違うし、ジャンルによっても全く違う」

 

これが私が言える率直な答えになってしまいます。

 

少なくとも何記事書いて稼げるとか
何サイト運営すればいくら稼げるなどという明確な答えはなく
取り組む報酬単価も違えば、腕もジャンルも全く違うからです。

 

正直、この手の質問は
『自分自身でやってみたことでしか出すことができない』といったところです。

 

誰が何記事ブログに投稿するのか

まず一つ目の「人によって違う」という要因について
どのぐらいのスキルを持った人が何サイト運営して何記事投稿するのか?

ということになると思うのですが
文章力がある人と文章力がない人

この対照的な二人が取り組んだ場合にも、
そこに差というのは出てくるのは当たり前の話です。

 

文章力がある人が運営するアフィリエイトブログは
読み手を納得させられるだけの文章力があり記事数が少なくても
売り上げが立つブログになる可能性があるからですね。

 

逆に同じ記事数を投稿したとしても
「文章力が全くない人」とは同じ投稿数でも説得力にも差があるということになります。

 

したがって
文章力(説得力)がない人が30記事書くより、文章力がある人が30記事書くほうが
圧倒的に精読される確率も成約される確率も高くなるのは当然だということです。

 

ですので、一概に何記事で良いとか何サイト運営すればよいのか
ということは人によって全く出来上がるコンテンツそのものが違うから
明確な答えなどは無いというのがその答えになります。

 

また、タイピング速度が遅い、早いもありますし
ネットの環境が遅い、早いも影響してくる部分ですから
そこに個人差というのもあるのが当然だと思います。

 

報酬ジャンルは何なのか

次にジャンルや紹介案件によっても全く変わってきます。

 

ジャンルというのも非常に重要で紹介案件が豊富なジャンルと
それほど紹介案件が充実していないジャンルというのは実際に分かれてきます。

 

例えば「卓球」というジャンルというかキーワードで
ブログを運営していこうと思ったら思いつく限りですが
アドセンス報酬と、楽天、Amazonの物販アフィリぐらいしか思いつきません。

 

その「卓球ブログ」から何か自身のサービスへ案内するというのなら
キャッシュポイントは全く別ものですがアフィリエイトということで言うのでしたら
あまりにも紹介するものがなさすぎるということが言えます。

 

逆にダイエットブログで展開するのならそのキャッシュポイントとして
サプリ、サロン、運動器具など色々なキャッシュポイントがあり
それなりに単価も高く、少なくとも卓球ブログよりは見込みはある。

 

そのように言えるのではないでしょうか?

 

私もブログをいくつも運営していますが
このサイトで何万円稼ぐということは結果論であって
最初に設定するものではないんですね。

 

結果的にこのサイトでは月5万を生み出してくれる、
このサイトでは月20万生み出してくれる、これは計算してできるものではなく
運営してみて結果的になってしまった金額であるということです。

 

ですので何サイト、何記事が必要か?という質問や
何サイト運営すれば何万円稼げますか?

という質問は返答に困ってしまうということですね。

 

まず、やってみなければ何もわかりませんし
1サイトに30記事で毎月5万円、
5サイトで150記事25万などと見計らって計算してできることでは無い。

 

何サイト運営して各何記事投稿していくら稼げるのか?

 

こういったことを考え込みすぎて動けないより、
まずはやっていようという楽観的な考え方の方が案外うまくいきます。
実際に行動してみなければわからないことなど沢山あるので
深く考えこまないでまずは飛び込んでみる勢いが必要ではないでしょうか。

 

アフィリブログで稼ぐには何記事で何サイト必要か?の質問の答え
になっていないかもしれませんが、1サイトで30万円稼げますよなどというよりは
明らかにマシな答えだと思います。

 

機械的にどれぐらいやったらこれぐらい稼げるなどというのは
普通に考えても「詐欺的」ですから(笑)

 

まずは小さな報酬を狙っていくことが肝心です。

 

それでは、
アフィリブログで稼ぐには何記事で何サイト必要か?の質問の答えというテーマでした。

 

質問やお問い合わせ、ご意見は遠慮なくご連絡ください。
ネットビジネスに関する迷いや不安、今後の展開、についてのご相談、このブログのご意見ご要望、感想など、お気軽にご連絡ください。

連絡フォーム

絶対的な地位の軸教材

ファンシフトアフィリエイト

感謝される非常識アフィリ戦略

企画・講座一覧

≫メールマガジンのご案内